MY WAY BLOG

企業・個人の成長促進のプロ集団「MY WAY」

石井光先生×溝口陽介 対談“感情から離れて事実を見れば、ビジネスがうまくいく”

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

ビジネスマンがさまざまな技術を身につけて活躍するためには、

まず、土台となる心と身体を整えることが重要です。

MYWAYでは、瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供していますが、

アプローチの方法はそれだけではありません。

今回の記事では、また少し違った角度から、心を整えていく「内観」をご紹介。

国際内観学会で副会長を務めている石井光先生をお迎えして、

内観の効果やビジネスへの影響についてお話しました。

それでは、ご覧ください!

 

<石井光 先生 プロフィール>

東京大学法学研究科博士課程修了。青山学院大学名誉教授、学生相談センター元所長。日本内観学会副理事長を経て、国際内観学会副会長。日本で生まれた内観を、ヨーロッパやアメリカ、中国など世界中に広めている。著書に『一週間で自己変革――内観法の驚異』(講談社)など。

 

■感情のバイアスを外していく

 

石井 内観とは、自分が経験してきた過去から現在までの“事実”を、ありのままに見ていくことです。やり方はとても簡単で、自分が周りの人に対して「してもらったこと」「して差し上げたこと」「迷惑をかけたこと」の3つを思い出していきます。母親について見ていくとき、「私の母はとても親切で、みんなから愛されていた」とか「魔女のように怖かった」などと印象を語る方もいらっしゃいますが、それは内観に関係ありません。必要なのは、自分の感情に結びついた記憶ではなく、してもらったことや迷惑をかけたことといった“事実”のみ。普段の私たちは、感情で物事を判断しています。遠足の日に雨が降ったら困るけれど、何ヶ月も降らなければ雨乞いをするのと同じ。雨が降るという事実は変わらないのに、自分の感情によって受け止め方が変わってしまうでしょう? 内観では、そういった感情や思い込みから離れて、ありのままを見ていくのです。

 

溝口 僕もこれまでの内観で、さまざまな人との関係を見直してきました。最初はなかなか記憶が引き出せないけれど、先生が「お弁当のおかずは何でしたか?」というようにきっかけをくれると、忘れていたようなことも思い出せたりするんです。内観をしているときは、椅子に座ってただひたすら考えているだけ。でも、すべて終えたあとに、不思議な気づきがあるんですよね。あの人との関係はこういうものだと思っていたけれど、実は別の側面もあったというような……マイナスの記憶は残りやすいから、自分のなかで勝手にバイアスがかかっていたんでしょう。「してもらったこと」はたくさん出てくるのに、「してあげたこと」はあまりなかったりして……そうすると、次に何かをしてもらったときはいつも以上に感謝できる。自分と相手が過ごしてきた時間を見直すことで、それからの関係性が激変するんです。

 

■過去にとらわれている人が、いまに集中できるはずはない

 

石井 感情を離れて事実と向き合う内観は、ビジネスにおいても大変有効です。チームの全員が事実だけをとらえていれば、いまやるべきことが自然とわかり、目的に向かってまっすぐ進めるようになる。「この発言をしたら気を悪くするかもしれない」「仲の悪い人たちを別の班にしないと」といった、本題と関係のないことに気を揉む必要がなくなるからです。内観で過去の恨みやしがらみを受け入れてしまえば、いまここにあるものしか見えなくなります。言い換えると、過去にとらわれている人が、いまに集中できるはずがありません。

f:id:myway-go:20170613025955j:plain

溝口 内観が大手ホテルチェーンの研修に取り入れられたり、アスリートが実践しているのもうなずけます。日本企業は、上層部の誰かが“気分を害した”となれば、そのリカバリーに力を取られてしまい、あっという間にビジネスが本題からそれていってしまう。長時間残業を生み出しているのも、そうした無意味な調整作業かもしれません。

 

石井 人間関係がうまくいかなかったり、悩んでいる方は、自分の感情にとらわれて物事が見えなくなっているもの。単純に周りが見えていないのです。ときには人生の歩みを止めて、過去からいままでを内観で振り返ってみてください。そうすれば、自分がここに至るまでにみんながさまざまに支えてくれたことや、これから先にどう生きるべきかが見えてきます。

 

溝口 なにも悩んでいないビジネスマンなんて、きっといないと思います。MYWAYでも「一日内観」という体験会を開催していますが、とても好評です。ヨガや瞑想の交流会もしているけれど、ある参加者は「私の瞑想がうまくいっているのは、内観をしているおかげだと思う」とおっしゃっていました。瞑想やマインドフルネスと近しいものがあるけれど、内観はとてもロジカルだから、実践しやすいのかもしれません。

 

石井 本当は一日といわず、一週間じっくりと内観をしてほしい。そうすれば、深まり方が全然違うんです。3日目あたりから、すっかり忘れていた記憶が鮮明によみがえってきて、雷に打たれるほどの衝撃を受けたという方もいらっしゃいます。

でも、なかなか時間も取れないでしょうから「日常内観」という方法がおすすめです。毎日眠る前に、今日は誰に何をしてもらったか、誰に何をして差し上げたか、どんな迷惑をかけたか、振り返っていきます。家族や職場の方々だけでなく、「通勤電車を運転してくれた」と、運転士さんや車掌さんを思い出したりするのもいいですね。それだけでも周りの人を見る目が変わって、幸せな人生が送れるようになると思います。

f:id:myway-go:20170613030105j:plain

photo Mami Ostuki

撮影/青山学院大学構内

 

 

企業導入へのご相談や詳しいお問合せは下記のリンクよりお願いいたします。

MYWAYへのご相談はこちら

【お客様の声】“目からウロコの驚きがいっぱい!考え方が真逆に変わりました”

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

MYWAYでは、さまざまなジャンルの研修や体験会を用意しています。

今回、感想を寄せてくれた高橋綾子さん(仮名)は、瞑想・ヨガ・ストレッチ・内観

マネジメントというすべてのコンテンツを体験してくれた方。

それぞれの効果をどのように感じていらっしゃるか、生の声を伺いました。

 

 

研修を受ける前は、公私ともに課題が山積み

 

私は3年ほど前に、社内で2人目の女性マネージャーに昇格しました。受け持ったチームは、うつ病自閉症を抱えた社員、年上の部下など数名。メンバーをサポートしていくだけでも大変だったところに、厳しい社外のコンサルタントと接する機会があり、自分もノイローゼになってしまったんです。

また、問題は仕事だけではありませんでした。プライベートでは、マネージャーになる前年に離婚。親身になってくれた友達はDVの被害者で、彼女を助けるために自宅をシェルターとして提供したことも……。本当にさまざまな困難が重なって停滞した日々を送っていました。

 

考え方が変わり、前に進みたいと思い始めた

 

溝口さんに出会って、MYWAYのさまざまな研修を受け始めたところ、考え方が変わってきました。以前は落ち込むたびに「どうせ人は死ぬんだから、いいや」などと後ろ向きなことを思っていましたが、いまでは真逆。人生を生きるということは、自分や周りに対して責任を持ち、また、楽しむことなんだと体感しています。困難な状況は変わらないかもしれないけれど、気持ちの持ちようで、人生はずいぶん変わるのではないでしょうか。

 

<瞑想>

始めたきっかけは「瞑想ってどんなことなんだろう?」という、純粋な興味。脳科学とセットで体験できるというのが、より関心をそそりました。まだ始めたばかりですが、自分の脳にこんな働きがあるなんて、驚きの連続です。毎日続けることで、これからどうなっていくのかとても楽しみですね。

 

<ヨガ・ストレッチ>

ヨガは、スポーツジムで数回やったことがある程度。MYWAY講師の真利先生は「ヨガも瞑想です」とおっしゃいますが、初めてのポーズをとるときは、まだ瞑想どころではありません(笑)。でも、体を動かすのはやっぱり楽しいですね。ストレッチのセッションでは、これまでの“ストレッチ”とはいったい何だったのかと思うくらい、新しい発見があります。根本的な体の使い方や動かし方といった、仕組みにまで興味が出てきました。

 

<内観>

内観には、もっと早く出会っていたかったです。仕事でノイローゼになったとき、しばらく精神科のカウンセリングにも通ったのですが、なかなか治らなくて……なのに、たった一日の内観体験で、私は元気になれました。自分の不幸を親のせいにしていた習慣から、抜け出せたのが大きかったと思います。親が生きているうちに、親に感謝するという当たり前のことができるようになって、本当によかった。おかげで、知らない間に思い込んでいた「自分は悪い子だ」という意識から解放されて、自分に対する自信と責任を手に入れました。内観をしているからこそ、瞑想にもいっそう集中できていると思います。

 

<マネジメント>

溝口さんからちょっとした助言をいただいて、目からウロコが落ちることがたくさんありました。社内のマネジメント研修でも、面接の仕方や問題解決法などを教わってきたけれど、部下全員と毎日たくさん話してみよう、なんて言われたことがありません。そんなふうに、溝口さんからはすごく基本的なのにとても大切なことを教わっていると感じます。

 

さまざまな研修を通して、今後はもっと成長したい。新しい課題が出てきたときにも、うまく対処できるような自分になりたいと、素直に思えるようになりました。自分が、こんな自己啓発本などに書いてあるようなことを考えたり、言ったりすることにもびっくりしています。

 

受講を迷っている方にメッセージ

 

講師の溝口さんは、おしゃれだからスカシているのかと思いきや(笑)、親しみやすく、いろいろなことを考えていらっしゃる方。ほんの少しの課題でも、成長のチャンスととらえて前向きに取り組む姿に、いつも感動しています。

もしも受講を迷っていらっしゃるなら、ぜひ一度体験してみてください。私はMYWAYに出会って、「人生でこんな経験をするなんて!」という驚きを、何度も感じています。でも、強制しないのも溝口さんのいいところ。まずは、ご自身の心や身体とよく相談してみるのがいいかと思います。

 

高橋綾子さん(仮名)42歳/サービス業

 

 

あなたの部下の課題解決方法が一つであるとは限りません。高橋さんのように複数方面から心と体を整える事で成果は加速(この場合は3ヶ月でした)していきます。企業への導入のご相談や、毎月開催の各種体験会へのお問合せはこちらからお願いいたします。

MYWAYへのご相談はこちら

高野真利先生×溝口陽介 対談“自分の強みや、思考のクセを見つめ直すヨガ”

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

  

MYWAYでは、2017年1月より

瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供しています。

今回の記事では、ヨガのセッションを担う高野真利先生と対談。

ヨガがもたらす心の変化や、それがビジネスにつながるポイントについてお話しました。

それでは、ご覧ください!

  

<高野真利 先生 プロフィール>

ヨガインストラクター。都内スタジオを中心に、福祉施設などでもレッスンを開催。「他人と比較せず、自分自身の成長を認められるマインド」を大切に、ヨガに取り組む。現在はオーガニック化粧品ブランド『AVEDA』や、ヨガブランド『Manduka』のアンバサダーとしても活躍中。

http://ameblo.jp/noelnohana/

f:id:myway-go:20170426113441j:plain

 

心身を整えて、思考のクセを矯正する

  

溝口 近ごろ、世の中は“右脳化”してきていると感じます。優しさや相手の気持ちを慮ることの価値が見直され、ビジネスマンも目先の利益ばかりを考えなくなった。お客様のためになる行動をしていれば、まわりまわって仕事につながっていくというスタンスが増えてきたように思います。だけど同時にIT化も進み、仕事で使うツールは“左脳化”している。いわば、心と身体が逆行しているんですよね。そんな状況で活きてくるのが、どちらにもアプローチできるヨガだと考えました。

  

高野 心と身体を酷使する時代で、誰にも“自分のことを大切にする”という感覚が芽生えてきたんだと思います。ヨガがもたらしてくれるのは、そこで必要になってくる“心の安定”。ヨガにはたくさんの種類があり、アプローチも違うけれど、目指しているところはみんな“思考の動きを止める”ということです。ポーズや呼吸を磨いていくなかで、自分の思考のクセに気づいていく。例えばネガティブな人は、何か悪いことが起きたときについ自分のせいにしてしまうんですよね。でも、ポジティブな人は物事を冷静にとらえて、きちんとほかの原因も探せます。ヨガをしていると、自分の頭の中で何が起こっているかがはっきりとわかるようになるんです。自分で自分を苦しめる“考え方のクセ”を、ヨガを通じて矯正していく。ただポーズを取るだけのスポーツではないんです。

  

溝口 初めは「ヨガというオシャレなことをしてみよう」みたいな気持ちで訪れたビジネスマンも、最終的にマインドの部分に感化される方が多いような気がします。僕も最初は、フィジカルな効果しか期待していませんでした。仕事のストレスで太ってしまったとき、トレーニングのおかげでなんとか持ち直したことがあって……その延長で、もっと身体を整えたいと思うようになり、ヨガを始めたんです。でも、ヨガの効果は身体だけでなく、心にもありました。

  

高野 たとえば「痩せたい」とばかり思いながらヨガをしていても、だめなんです。シンプルに「ヨガって楽しい」という気持ちで取り組むことで、おのずと結果がついてくる。それは、ヨガをもっと楽しめる身体をつくるために、自然と行動が変わっていくからなんですよね。そうやって自分の心身を整えれば、さまざまなことが上手くまわり出す。単純に、身体が変わると自信がついて、言動がポジティブになっていきます。毎日5分でも10分でも、生活に取り入れてみてください。いまのように気持ちが上向きになっている春は、集中力を高める「木のポーズ」を取るだけでも、頭がすっきりするでしょう。

  

自分の強みを知るためのきっかけ

  

溝口 ヨガの効果でもうひとつ大きいのは、自分の感覚と向き合えること。MYWAYでは他人と比較しない、自分の評価軸を持つことの大切さを、いつもお伝えしています。でも、何の指針もないままに比較だけをやめてしまったら、ただのNO WAYになってしまう。自分は何を求めているのか、何が必要なのか……そんなニーズをつかむためにも、ヨガは心強い手助けになると思っています。

  

高野 私も昔はビジネスパーソンだったので、やらなきゃいけないことに追われて、つい自分を見失う感覚はよくわかります。本当は、つらいならそんなに頑張り続けなくたっていいんです。でも、やりたい仕事と向き合っているならば、闘うべきときもありますよね。そんな場面で全力を出すためにも、ヨガが役立つ。いままで見過ごしていた自分のすばらしい長所に気づいたり、反対に、邪魔なプライドを手放したり……ヨガのポーズを取りながら、呼吸をしながら、心身のさまざまなポイントを見つめ直していくんです。

  

溝口 これから僕たちが世界と闘っていくためには、そうやって自分の強みを知ることが大事だと思うんです。「働き方改革」とか「ダイバーシティ」なんてよく聞くけれど、引いた目で見れば、日本はまだまだ面白くない。何も考えずにテンプレートの「ダイバーシティ」に取り組むくらいなら、いまいるメンバーの個性をちゃんと発揮させていくほうが、ずっと効果があるはず。一人ひとりの尖っている部分を伸ばして、多様性あるチームがつくれれば、すばらしいビジネスが生まれるでしょう。

  

高野 そうですね。ヨガをしていると、自分の得意分野が明確にわかります。各ポーズに上下はないから、どれができてもできなくても、優劣はありません。目の前に示されたことをやるだけなんです。そんな経験を積み重ねていけば、人と比べずに自分と向き合う視点や、目の前の事柄をありのままにとらえる力が育ってくると思います。

  

溝口 ヨガって、有能なマネージャーみたいですね。厳しくもあり、優しくもあり……信じていれば前に進める。でも、ビジネスよりも成功体験が積みやすいのがうれしいところです。『Before learning』でいえば、心に働きかける瞑想と、身体と向き合うストレッチのちょうど中間に位置して、心と身体を強くするセッションだなと思います。

 

記事はここまでです。

 

 

 

長野県のIT企業様で開催したビフォアーラーニング研修が当日取材を受け、翌週の新聞に掲載されました。社員の生産性を高めて社内コミュニケーションも円滑にし、その上企業PRにもなるビフォアーラーニング研修を是非ご検討下さい。

 

photo by Mami Otsuki

 

各種お問合せはコチラからお願いいたします。

MYWAYへのご相談はこちら

本田ゆみ先生×溝口陽介 対談“脳の質を高めて、ストレスなく充実した仕事を”

 企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

MYWAYでは、2017年1月より

瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供しています。

今回の記事では、マインドフルネスのセッションを担当する本田ゆみ先生と対談。

瞑想で脳機能を高めることが、どんなメリットを生むかについてお話しました。

それでは、ご覧ください!

 

本田ゆみ 先生 プロフィール>

有限会社スプーン代表取締役表参道駅近くのオフィス兼スタジオで、「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせた独自のメソッド『BrainStretch』(ブレインストレッチ)を展開中。クリエイティブ企業のトップや世界的アスリートなど、アドバイス実績は15,000件以上にもおよぶ。著書に『人生の主役になる脳の使い方』(医学博士篠浦医師との共著・エイチエス出版)など。

http://y.spoonsp.com/

 

■自分の脳スタイルに合った瞑想

 

溝口 マインドフルネスを研修に取り入れようと決めたのは、本田先生が主宰する瞑想の体験会がきっかけでした。そのとき、先生が「瞑想は呼吸が大事」とおっしゃっていたんですが、ストレッチのセッションを担当する一原先生も「体を動かすことの基礎は呼吸だ」というお話をしていて……そこで、点と点がつながった。『Before learning』に瞑想を導入すれば、“呼吸”という共通の軸をとおして、心も身体も総合的にケアできると感じました。

 

本田 ビジネスをされる方なら、瞑想は身につけておいて損のない素養です。私が提供するのは「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせた独自のメソッド『BrainStretch』。科学的に実証された『脳スタイルテスト』で、脳の使い方のクセを把握して、それぞれに適切な瞑想のやり方を示していきます。

f:id:myway-go:20170314104905j:plain

 

溝口 ひとくちに「マインドフルネス」や「瞑想」と言っても、海外の仕組みをそのまま日本人に当てはめようとしているだけのレッスンも多い。その点、本田先生の『BrainStretch』は、個人個人に焦点を当てていますよね。自分の脳に合ったやり方を実践できるから、継続すればするほど、成長率や理解度に差が出てくるだろうと思いました。科学的なロジックに基づいて、適切なやり方で脳の機能を高めていけるのが魅力的です。

 

本田 そうですね。脳外科医・篠浦先生の研究によって、脳の特徴や質を数値化できるようになったのが、大きなポイントです。もともと一人ひとりが、すばらしい個性と能力を持っている。その質をさらに高めていくのが『BrainStretch』なんです。脳機能をちゃんと使いこなせば、できることの幅がぐんと広がります。トップアスリートに『BrainStretch』を受けてもらって、トレーニング方法を変えていくと、飛んでくるボールが止まって見えるようになったりもするんですよ。

 

■適材適所で、個人の能力が伸ばせる

 

本田 『脳スタイルテスト』だけでも、さまざまな役立て方があります。たとえば、うつの対策。脳のタイプから、うつになりやすい方がわかるんです。可能性を知っていれば、適切な対策が取れますよね。こういったメンタルケアは、会社にとって実はとてもニーズのある部分です。また、脳の向き不向きに応じて人事を決めるのもいいでしょう。誰もが適材適所で働けるようになるため、成果が出せるし、納得感も生まれます。私がカウンセリングしている企業では、脳スタイルの結果によって、社長と常務が入れ替わった会社もあるほどです。脳にはすばらしい能力が詰まっているため、一人ひとりが適したポジションで最大限に活用すれば、ぐっと充実した仕事ができるのです。

 

溝口 瞑想はすでに、多くの経営者が取り入れていますよね。効果を感じているなら周りにもシェアしていけばいいのに、現場レベルではまだまだ一般的ではありません。企業から優秀な人材が減っていくなか、価値の定かでない事業を買い取って人を増やすくらいなら、いま働いている社員の良さを伸ばしていけばいい。「仕事ができない」「使えない」などのレッテルを貼られてしまっている人たちが、バリバリ働けるように変わっていければ、みんな幸せになるはず。それが、人材に対する悩みのひとつの解決法だと思います。

 

■しっかり休めることで、活性化する

 

本田 現代の人間は、人類史上ありえなかったほどの情報を、毎日浴びながら暮らしています。それはもちろんさまざまな物事を加速してくれるし、必要なことかもしれません。だけど、そのせいで脳の休む暇がないのも事実。毎日睡眠を取って身体を休めるように、脳にも休む時間を作ってあげましょう。情報を遮断してじっくり瞑想することで、脳が休まり、結果として機能が高まるのです。みんな、休んでいるつもりでも案外休めていないもの。2、30分の瞑想は、2~3時間の睡眠に匹敵するんですよ。それほど、脳が喜ぶことなんです。

f:id:myway-go:20170314105053j:plain

溝口 さまざまな企業を訪れると、10人しかいない部署で5人がうつ、なんて話を聞いたりもします。うつの方が一人もいない企業なんて、ほとんどないかもしれません。いまは、普通に働いている人が、普通にうつになる時代ともいえますね。そして、うつになった人も管理職も、適切な対処法をわかっていないんです。

 

本田 なってしまってから回復するのは大変なので、予防としてできることを積極的に取り入れたいところですね。『BrainStretch』で脳を活性化するのは、その選択肢のひとつになります。脳の質が高まれば、集中力や直感、発想力、創造力が磨かれていく。どんな仕事でも、最適な判断をスピーディーに下したり、よいアイディアが生み出せるようになるわけです。心の健康を保つためにも、いままで以上の成果を出していくためにも、効果的なメソッドだと思いますよ。

 

溝口 私も初めて瞑想を体験した翌朝は、とても頭が冴えているのを感じました。きっと、それぞれの仕事のさまざまな場面で、ブレイクスルーのきっかけになると思います。たとえば、本屋さんでいつも、役立ちそうなビジネス本を探している方。本を読む前に『BrainStretch』で脳の質を高めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

photo Mami_Otsuki

 

 

 

体験会のご予約、各種資料のご請求は下記よりお問合せ下さい。

MYWAYへのご相談はこちら

一原克裕先生×溝口陽介 対談“ビジネスマンが身体を動かすこと”

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

MYWAYでは、2017年1月より

瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供しています。

今回の記事では、ストレッチのセッションを担う一原克裕先生と対談。

日本のビジネスマンが抱えている身体の問題や、研修の内容についてお話しました。

それでは、ご覧ください!

 

<一原克裕 先生 プロフィール>

パーソナルトレーニングスポーツ留学サポート、

指導者向けセミナーなどを行う事業体『ALIGNE』の代表。

MLBシアトルマリナーズWBC中国代表、

早稲田大学アメリカンフットボール部などのトレーナーを歴任。

メジャー仕込みのコンディショニング方法を伝える。

NPO法人スポーツセーフティージャパンのメンバーとして、

安心してスポーツできる環境づくりにも従事する。

http://aligne.me/

 

■身体を動かすことのメリット

溝口 昨年100人以上の前で、

立ち上げたばかりのワークライフバランス研修をする機会があったんです。

従来のプログラムでも充分手応えは感じたけれど、

これからさらにコンテンツを強化していきたいと考えた。

そのときに思いついたのが、ストレッチと組み合わせるアイディアです。

僕自身、昔からパーソナルトレーナーをつけて定期的に身体を動かしていました。

ストレスがあるときほど、トレーニングで気持ちが楽になったり、

脳がクリアになる実感があったんですよね。

それで、少し前に知り合っていたアスレティックトレーナーの一原さんに

相談をしました。

 

一原 話を聞いてまず、溝口さんとは目指す方向が似ていると思いました。

僕も企業に腰痛改善などのセミナーを提供していたけれど、

企業はどうしても、身体より心の問題をピックアップしがち。

心と身体はつながっているから決して無関係ではないのですが、

両面をしっかりフォローするには、僕だけだと限界があります。

MYWAYが考える新しい研修では、マインドフルネスなどのセッションも

設けると聞き、幅広い層に総合的なサポートができるようになると感じました。

f:id:myway-go:20170303120348j:plain

■ビジネスマンに寄り添ったサポートを

一原 日本で生活する多くの方が抱えている問題は、とてもシンプル。

「歩いたら膝が痛い」「長く座っていられない腰痛がある」

といった悩みです。それは、ちゃんとした座り方や立ち方、

歩き方を覚えるだけで、充分に改善が期待できます。

でも、そういう方法って、教わる機会が意外とないんですよね。

『Before learning』で私が担当するセッションでは、

オフィスですぐに試せるストレッチを教えていきます。

椅子に座っていても、スカートを履いていてもできるレベルのこと。

最終的に目指すのは、誰かにリードしてもらったり、

ジムなどに行ったりしなくても、自分で身体を整えていける状態です。

不調を改善するための引き出しを、自分のなかにたくさん作ってほしい。

ときどきマッサージやジムに行くくらいでは、問題の根本に

フォーカスするのは難しいけれど自分で対策できることもたくさんあります。

 

溝口 それはきっと難しいことではないし、

身体をなんとかしたいと感じている人は多いのに、

いままでは知識を身につける場がなかったと思うんです。

経営者は自分でちゃんとジムに通ったり、運動する習慣を作っているけれど、

現場のビジネスマンはそこまでの余裕がない。

今回、一原さんのセッションで学べるのはオーソドックスだけど奥が深いこと。

誰もが見逃しているものの、絶対に知っておいたほうがいい身体の基本です。

きちんとした知識があるだけで、日々の行動がぐっと変わってくると思います。

 

■すべての根本となる“呼吸”を学ぶ

一原 最近は,身体が偏っているせいで呼吸がうまくできないひとが増えています。

たとえば猫背でパソコンに向かっていると視線の方向に身体が引き寄せられていく。

背中を丸めた赤ちゃんの姿勢は、本能的に安心するんですよね。

だから、心が強いストレスにさらされていたり、不安や緊張があるときは、

余計に身体が丸くなる。

そういう動きの積み重ねで、身体がゆがんでいくわけです。

そこで、身体の位置や使い方を適切に戻していく必要があります。

胸をひらいて深く呼吸をしたり、首や肩をリラックスさせて力を抜くだけでも、

違いが感じられるはず。

人間は、一日に約22000回の呼吸をしているといわれています。

余計な力が入っていると、呼吸のたびに筋トレをしているようなものだから、

まったく休まらないんですよね。

『Before learning』では、正しい呼吸が無理なくできるよ

うに、身体をオフにする方法も学んでいただきます。

f:id:myway-go:20170303120502j:plain

溝口 呼吸がそれほど大事だなんて、誰も思っていないんですよね。

いまの日本は、何にしてもアメリカの手法をそのまま持ってきて、

ただ当てはめることがとても多い。

根本的な解決を目指すならば、

日本のビジネスマンに最適化したやり方を探る必要があると思うんです。

『Before learning』ではマインドフルネス・ストレッチ・ヨガを1セットにしてい

るけれど、効果的にすべてを実践するには、基礎を身につけないといけません。

そのために、呼吸や身体を作っていく一原先生のセッションが役立つと

思っているんです。

身体と心が整えば、もっと楽に、もっと思うように自分を活かせるはず。

すでにバリバリやっている人でも、身体をオフにする時間が作れたら、

さらに成果が伸ばせるのではないでしょうか。

 

 

photo Mami_Otsuki

 

体験会のご依頼、資料請求は以下のお問合せフォームよりご連絡下さい。

【MYWAY・お問合せ窓口】

MYWAYとして『初のブース出展』を行いました!大盛況に終わった、働き方を考えるカンファレンス2017@虎ノ門ヒルズを終えて。

企業&組織の成長促進のプロ集団「MYWAY」

代表、講師の溝口陽介です。

MYWAY | 夢や目標へコミットメント、あなただけのステージをつくるプロ集団

 

2017年の2月15日に東京都港区虎ノ門ヒルズフォーラムで行われた、

働き方を考えるカンファレンス~働く、生きる、そして~

へ、ご縁をいただきMYWAYとして初のブース出展を行いました。

f:id:myway-go:20170220111908j:plain

 

ダイバーシティ溢れる55名の素晴らしい登壇者の方々と、

理事の方々の活気にブース出展者の想いに来場者の熱がリンクして、

まさに働き方の「今」がここにある!

そんなエネルギー溢れるカンファレンスであったと感じました。

 

特に印象的だったのは最後のセミナーです。

経済産業大臣の世耕大臣×フォーブス副編集長谷本氏

ワークライフバランスを推進する手前、大臣である自分が率先して実行する

まさに、行動なくして改革なし、そして実行するのは、

部下ではなく、組織の長から、それが時代のトレンドである。

理論理屈ではなく、やってみる事、これが一番大切だと、

MYWAYスローガンの『行動は最良の学習方法』とリンクを感じました。

 

そして、本当に日本人は働きすぎているのか?

これに対して、働くのが好きな人は止めない、無理に働かされている人は守る、

この答えに腹落ちされた方が非常に多いのではと感じました。

 

必ずしもワークライフバランスが生産性アップとトレードオフではない!

ワークファミリーバランスとワークライフバランスは似て非なるもの

そこから一歩進んだまさに知行一致のカンファレンスでした。

f:id:myway-go:20170220112950j:plain

締めのネットワーキングパーティの様子です。

若くて明るく、これからの日本の現場を背負う方々が多い印象でした。

MYWAYもその一員として「職場での居心地の悪さ」を感じてみえる方々へ、

よりスピーディな課題解決していきたいとビジョンを改めて再確認いたしました。

 

まず、スキルやノウハウを学ぶ前に心と体を整える企業研修

『BeforeLearning』サービススタートしております。

瞑想×ヨガ×ストレッチの研修『Before learning』が始まります! - MY WAY BLOG

カンファレンス後には大手企業からのアポも多数いただき、

外資系の金融機関での導入も決定いたしました。

 

様々な組織を訪問させていただいている中で、

営業組織の半数がうつ病で悩まれている企業様もいらっしゃいました。

ビフォーラーニングで組織の人の悩みは解決します。

瞑想×ヨガ×ストレッチのプロフェッショナルな講師陣 - MY WAY BLOG

適切な現場へどうしたら我々のサービスがお届けできるのか?

出来る事を少しでも多く実行していくのと、

個の限界を突き破れるよう色々な方々の知恵や考えをお借りしていきたい。

そのように感じたカンファレンスでした。

 

資料請求や各種お問合せはこちらからお願いいたします。

goo.gl

瞑想×ヨガ×ストレッチのプロフェッショナルな講師陣

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

MYWAY | 夢や目標へコミットメント、あなただけのステージをつくるプロ集団

 

企業研修『Before learning』は、

瞑想×ヨガ×ストレッチの専門家とともに提供するプログラムです。

今回は、ワークライフバランスを実現するべく集まった、

プロフェッショナルな講師陣をご紹介します。

 

本田ゆみ 先生

有限会社スプーン代表取締役表参道駅近くのオフィス兼スタジオで、「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせた独自のメソッド『BrainStretch』(ブレインストレッチ)を展開中。クリエイティブ企業のトップや世界的アスリートなど、アドバイス実績は15,000件以上にもおよぶ。著書に『人生の主役になる脳の使い方』(医学博士篠浦医師との共著・エイチエス出版)など。

http://y.spoonsp.com/

 

<本田先生からのメッセージ>

『BrainStretch』は、脳の質を高める独自のメソッド。

「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせて、脳の動きを活発にします。

一人ひとりの脳スタイルに合った方法をお教えするため、

効果を実感しやすいのも特徴です。

 

脳が活性化するとストレスを感じにくくなるので、しなやかな思考が生まれます。

集中力や判断力、創造力が高まり、コミュニケーションも円滑になるのです。

これらのメリットは、あらゆる医学・科学論文で証明されています。

Google社などの欧米大手企業ではすでに瞑想を取り入れていて、

最近は日本でも関心が高まっているところです。

 

瞑想は、習慣にすることが大切。

みんなで取り組めば、より続けやすくなるはずです。

毎朝15分間の『BrainStretch』を、ぜひ社員の皆さんで実施してみてください。

f:id:myway-go:20170213111317j:plain

 

■一原克裕 先生

パーソナルトレーニングやスポーツ留学サポート、指導者向けセミナーなどを行う事業体『ALIGNE』の代表。MLBシアトルマリナーズWBC中国代表、早稲田大学アメリカンフットボール部などのトレーナーを歴任。メジャー仕込みのコンディショニング方法を伝える。NPO法人スポーツセーフティージャパンのメンバーとして、安心してスポーツできる環境づくりにも従事する。

http://aligne.me/

 

<一原先生からのメッセージ>

ストレッチの最大のメリットは、身体の状態を知れること。

ビジネスマンの多くは、デスクワークが原因で身体のバランスに偏りが生じています。

適切なストレッチで自分のクセを認識すれば日頃からバランスの良い

身体をつくれるのです。

 

身体を目覚めさせる「アクティブストレッチ」や、リラックスするための「スタティックストレッチ」など、あらゆる目的に合わせたストレッチの方法もお伝えしていきます。

 

トップアスリートは日々、心身のささいな変化と向き合い、

コンディションを整えています。

そのノウハウは、さまざまなお仕事にも応用できるもの。

心と身体を整える方法を実践してもらうことで、

皆さんがより気持ちよく働けるようになればうれしいです。

f:id:myway-go:20170213111432j:plain

 

■高野真利 先生

ヨガインストラクター。都内スタジオを中心に、福祉施設などでもレッスンを開催。「他人と比較せず、自分自身の成長を認められるマインド」を大切に、ヨガに取り組む。現在はオーガニック化粧品ブランド『AVEDA』や、ヨガブランド『Manduka』のアンバサダーとしても活躍中。

http://ameblo.jp/noelnohana/

 

<高野先生からのメッセージ>

ヨーガで練習するのは“思考を停止させる”こと。

無になることは集中力を高め、安定した呼吸は精神を整えます。

適度に身体を動かすため、疲労回復や体力の向上にも期待大。

そして、練習を繰り返せば、これらのメリットを持続的に感じられるようになるのです。

 

マットの上は人生と同じ。得意・苦手は関係なく、

あらゆるポーズと正直に向き合うことで、自分の本質が見えてきます。

ヨーガを通して強くしなやかな心が生まれれば、

自分自身を認められるようになるはずです。

心と身体のつながりを感じ、自分を大切にすることの重要性に気づいてみてください。

 

“やらなければならない”ことに追われるのではなく、“やりたいこと”をできるように

──研修が、皆さんの生活を変えるきっかけになればと思っています。

皆さんが、みずからを信じ、最大限の力を発揮できるよう、

ヨーガを通してお手伝いできればうれしいです。

f:id:myway-go:20170213111555j:plain

 

こうしたプロフェッショナルの講師陣によって、

さまざまな角度から心と身体を整える

『Before learning』。

資料請求は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

goo.gl