読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY WAY BLOG

企業・個人の成長促進のプロ集団「MY WAY」

どの会社に入っても通用する「再現性の高い営業力とは何か?」

なりたい自分になる、をサポートするプロ集団「MYWAY」

代表&営業力開発トレーナーの溝口陽介です。

MYWAY | 夢や目標へコミットメント、あなただけのステージをつくるプロ集団

 

ここ3日間程、同じオフィスの方々が大型の展示会で外出続き、

一人で事務所にこもりながら、こっそり音楽をノリの良いチャンネルに

変えてノリノリで作業を行っています(笑)内緒です。

 

さて、企業研修やワークショップで「営業」のお話しをさせていただく際に

<再現性が高い>かどうか?という視点をいつも盛り込んでいます。

再現性ってなんですか~?」とよく聞かれますが、

簡単に言えば、どこにいっても何を売っても、どんな環境でも通用する

かどうか?という事だと考えています。

 

売れている方であっても、営業が上手いかどうかはまた別です!

それは、何年もずっと売れ続けている方であっても同様です。

・会社の勢いや資金力がずっとある

・扱っているサービスがワン&オンリーで強すぎる

・引きついだクライアントさんの質が高かった

・クライアントそのものに勢いがある

・自社に他に人がいない

・競合他社に人財が揃っていない(から売れている)

などなど、本当にご本人の力でどこまで仕事があるのか?

それ自体を図る事が難しいですよね。

 

どうしてサービスが販売できたのか?

お客様が購入していただけた本当の理由は何か?

売上好調な時ほど冷静に掴んでおかないと後で理由が思い出せないものです。

売上が低迷してきた時に何を優先したらいいかも見つけにくくなります。

と、日頃、売れているからアイツを見習え!といった指示になりがちなので

シチューションが違う方にとっては真似ができない為

どうしていいかポテンシャルのある方であっても分からなくなってしまいます。

 

それに営業はうまいけどクロージングが下手でもいいと思います。

クロージングは別の人がやればいいですし。

一体、何から何が注力すべき営業力なのか?

講座では分かりやすく実践しやすいようにお伝えしています。

 

今後人口がますます減っていく日本で、

営業は売上が全てだ!という指導がどこまで続けれるか?

とても興味深いと思っています。

営業は売上が全てではない、定期的にそんなベクトルを社内に

挟む事で、行動数が増えて売上につながるケースも多々ありますので、

イデアの一つとしてご参考いただけたらと思います。

 

 

f:id:myway-go:20161027124722g:plain

 

 シチュエーションに左右されない営業力が身に付く研修のお問合せはこちら↓↓↓

【MY WAY お問合せフォーム】