読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY WAY BLOG

企業・個人の成長促進のプロ集団「MY WAY」

一原克裕先生×溝口陽介 対談“ビジネスマンが身体を動かすこと”

NEWS マインドフルネス企業研修 ワークライフバランスに関して 開催中セミナー&勉強会一覧

企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

MYWAYでは、2017年1月より

瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供しています。

今回の記事では、ストレッチのセッションを担う一原克裕先生と対談。

日本のビジネスマンが抱えている身体の問題や、研修の内容についてお話しました。

それでは、ご覧ください!

 

<一原克裕 先生 プロフィール>

パーソナルトレーニングスポーツ留学サポート、

指導者向けセミナーなどを行う事業体『ALIGNE』の代表。

MLBシアトルマリナーズWBC中国代表、

早稲田大学アメリカンフットボール部などのトレーナーを歴任。

メジャー仕込みのコンディショニング方法を伝える。

NPO法人スポーツセーフティージャパンのメンバーとして、

安心してスポーツできる環境づくりにも従事する。

http://aligne.me/

 

■身体を動かすことのメリット

溝口 昨年100人以上の前で、

立ち上げたばかりのワークライフバランス研修をする機会があったんです。

従来のプログラムでも充分手応えは感じたけれど、

これからさらにコンテンツを強化していきたいと考えた。

そのときに思いついたのが、ストレッチと組み合わせるアイディアです。

僕自身、昔からパーソナルトレーナーをつけて定期的に身体を動かしていました。

ストレスがあるときほど、トレーニングで気持ちが楽になったり、

脳がクリアになる実感があったんですよね。

それで、少し前に知り合っていたアスレティックトレーナーの一原さんに

相談をしました。

 

一原 話を聞いてまず、溝口さんとは目指す方向が似ていると思いました。

僕も企業に腰痛改善などのセミナーを提供していたけれど、

企業はどうしても、身体より心の問題をピックアップしがち。

心と身体はつながっているから決して無関係ではないのですが、

両面をしっかりフォローするには、僕だけだと限界があります。

MYWAYが考える新しい研修では、マインドフルネスなどのセッションも

設けると聞き、幅広い層に総合的なサポートができるようになると感じました。

f:id:myway-go:20170303120348j:plain

■ビジネスマンに寄り添ったサポートを

一原 日本で生活する多くの方が抱えている問題は、とてもシンプル。

「歩いたら膝が痛い」「長く座っていられない腰痛がある」

といった悩みです。それは、ちゃんとした座り方や立ち方、

歩き方を覚えるだけで、充分に改善が期待できます。

でも、そういう方法って、教わる機会が意外とないんですよね。

『Before learning』で私が担当するセッションでは、

オフィスですぐに試せるストレッチを教えていきます。

椅子に座っていても、スカートを履いていてもできるレベルのこと。

最終的に目指すのは、誰かにリードしてもらったり、

ジムなどに行ったりしなくても、自分で身体を整えていける状態です。

不調を改善するための引き出しを、自分のなかにたくさん作ってほしい。

ときどきマッサージやジムに行くくらいでは、問題の根本に

フォーカスするのは難しいけれど自分で対策できることもたくさんあります。

 

溝口 それはきっと難しいことではないし、

身体をなんとかしたいと感じている人は多いのに、

いままでは知識を身につける場がなかったと思うんです。

経営者は自分でちゃんとジムに通ったり、運動する習慣を作っているけれど、

現場のビジネスマンはそこまでの余裕がない。

今回、一原さんのセッションで学べるのはオーソドックスだけど奥が深いこと。

誰もが見逃しているものの、絶対に知っておいたほうがいい身体の基本です。

きちんとした知識があるだけで、日々の行動がぐっと変わってくると思います。

 

■すべての根本となる“呼吸”を学ぶ

一原 最近は,身体が偏っているせいで呼吸がうまくできないひとが増えています。

たとえば猫背でパソコンに向かっていると視線の方向に身体が引き寄せられていく。

背中を丸めた赤ちゃんの姿勢は、本能的に安心するんですよね。

だから、心が強いストレスにさらされていたり、不安や緊張があるときは、

余計に身体が丸くなる。

そういう動きの積み重ねで、身体がゆがんでいくわけです。

そこで、身体の位置や使い方を適切に戻していく必要があります。

胸をひらいて深く呼吸をしたり、首や肩をリラックスさせて力を抜くだけでも、

違いが感じられるはず。

人間は、一日に約22000回の呼吸をしているといわれています。

余計な力が入っていると、呼吸のたびに筋トレをしているようなものだから、

まったく休まらないんですよね。

『Before learning』では、正しい呼吸が無理なくできるよ

うに、身体をオフにする方法も学んでいただきます。

f:id:myway-go:20170303120502j:plain

溝口 呼吸がそれほど大事だなんて、誰も思っていないんですよね。

いまの日本は、何にしてもアメリカの手法をそのまま持ってきて、

ただ当てはめることがとても多い。

根本的な解決を目指すならば、

日本のビジネスマンに最適化したやり方を探る必要があると思うんです。

『Before learning』ではマインドフルネス・ストレッチ・ヨガを1セットにしてい

るけれど、効果的にすべてを実践するには、基礎を身につけないといけません。

そのために、呼吸や身体を作っていく一原先生のセッションが役立つと

思っているんです。

身体と心が整えば、もっと楽に、もっと思うように自分を活かせるはず。

すでにバリバリやっている人でも、身体をオフにする時間が作れたら、

さらに成果が伸ばせるのではないでしょうか。

 

 

photo Mami_Otsuki

 

体験会のご依頼、資料請求は、以下のお問合せフォームよりご連絡下さい。

【MYWAY・お問合せ窓口】