MY WAY BLOG

企業・個人の成長促進のプロ集団「MY WAY」

本田ゆみ先生×溝口陽介 対談“脳の質を高めて、ストレスなく充実した仕事を”

 企業&個人の成長を促進するプロ集団『MYWAY』

代表・講師の溝口陽介です。

 

MYWAYでは、2017年1月より

瞑想×ヨガ×ストレッチを活用した企業研修『Before learning』を提供しています。

今回の記事では、マインドフルネスのセッションを担当する本田ゆみ先生と対談。

瞑想で脳機能を高めることが、どんなメリットを生むかについてお話しました。

それでは、ご覧ください!

 

本田ゆみ 先生 プロフィール>

有限会社スプーン代表取締役表参道駅近くのオフィス兼スタジオで、「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせた独自のメソッド『BrainStretch』(ブレインストレッチ)を展開中。クリエイティブ企業のトップや世界的アスリートなど、アドバイス実績は15,000件以上にもおよぶ。著書に『人生の主役になる脳の使い方』(医学博士篠浦医師との共著・エイチエス出版)など。

http://y.spoonsp.com/

 

■自分の脳スタイルに合った瞑想

 

溝口 マインドフルネスを研修に取り入れようと決めたのは、本田先生が主宰する瞑想の体験会がきっかけでした。そのとき、先生が「瞑想は呼吸が大事」とおっしゃっていたんですが、ストレッチのセッションを担当する一原先生も「体を動かすことの基礎は呼吸だ」というお話をしていて……そこで、点と点がつながった。『Before learning』に瞑想を導入すれば、“呼吸”という共通の軸をとおして、心も身体も総合的にケアできると感じました。

 

本田 ビジネスをされる方なら、瞑想は身につけておいて損のない素養です。私が提供するのは「脳医科学」と「瞑想」を組み合わせた独自のメソッド『BrainStretch』。科学的に実証された『脳スタイルテスト』で、脳の使い方のクセを把握して、それぞれに適切な瞑想のやり方を示していきます。

f:id:myway-go:20170314104905j:plain

 

溝口 ひとくちに「マインドフルネス」や「瞑想」と言っても、海外の仕組みをそのまま日本人に当てはめようとしているだけのレッスンも多い。その点、本田先生の『BrainStretch』は、個人個人に焦点を当てていますよね。自分の脳に合ったやり方を実践できるから、継続すればするほど、成長率や理解度に差が出てくるだろうと思いました。科学的なロジックに基づいて、適切なやり方で脳の機能を高めていけるのが魅力的です。

 

本田 そうですね。脳外科医・篠浦先生の研究によって、脳の特徴や質を数値化できるようになったのが、大きなポイントです。もともと一人ひとりが、すばらしい個性と能力を持っている。その質をさらに高めていくのが『BrainStretch』なんです。脳機能をちゃんと使いこなせば、できることの幅がぐんと広がります。トップアスリートに『BrainStretch』を受けてもらって、トレーニング方法を変えていくと、飛んでくるボールが止まって見えるようになったりもするんですよ。

 

■適材適所で、個人の能力が伸ばせる

 

本田 『脳スタイルテスト』だけでも、さまざまな役立て方があります。たとえば、うつの対策。脳のタイプから、うつになりやすい方がわかるんです。可能性を知っていれば、適切な対策が取れますよね。こういったメンタルケアは、会社にとって実はとてもニーズのある部分です。また、脳の向き不向きに応じて人事を決めるのもいいでしょう。誰もが適材適所で働けるようになるため、成果が出せるし、納得感も生まれます。私がカウンセリングしている企業では、脳スタイルの結果によって、社長と常務が入れ替わった会社もあるほどです。脳にはすばらしい能力が詰まっているため、一人ひとりが適したポジションで最大限に活用すれば、ぐっと充実した仕事ができるのです。

 

溝口 瞑想はすでに、多くの経営者が取り入れていますよね。効果を感じているなら周りにもシェアしていけばいいのに、現場レベルではまだまだ一般的ではありません。企業から優秀な人材が減っていくなか、価値の定かでない事業を買い取って人を増やすくらいなら、いま働いている社員の良さを伸ばしていけばいい。「仕事ができない」「使えない」などのレッテルを貼られてしまっている人たちが、バリバリ働けるように変わっていければ、みんな幸せになるはず。それが、人材に対する悩みのひとつの解決法だと思います。

 

■しっかり休めることで、活性化する

 

本田 現代の人間は、人類史上ありえなかったほどの情報を、毎日浴びながら暮らしています。それはもちろんさまざまな物事を加速してくれるし、必要なことかもしれません。だけど、そのせいで脳の休む暇がないのも事実。毎日睡眠を取って身体を休めるように、脳にも休む時間を作ってあげましょう。情報を遮断してじっくり瞑想することで、脳が休まり、結果として機能が高まるのです。みんな、休んでいるつもりでも案外休めていないもの。2、30分の瞑想は、2~3時間の睡眠に匹敵するんですよ。それほど、脳が喜ぶことなんです。

f:id:myway-go:20170314105053j:plain

溝口 さまざまな企業を訪れると、10人しかいない部署で5人がうつ、なんて話を聞いたりもします。うつの方が一人もいない企業なんて、ほとんどないかもしれません。いまは、普通に働いている人が、普通にうつになる時代ともいえますね。そして、うつになった人も管理職も、適切な対処法をわかっていないんです。

 

本田 なってしまってから回復するのは大変なので、予防としてできることを積極的に取り入れたいところですね。『BrainStretch』で脳を活性化するのは、その選択肢のひとつになります。脳の質が高まれば、集中力や直感、発想力、創造力が磨かれていく。どんな仕事でも、最適な判断をスピーディーに下したり、よいアイディアが生み出せるようになるわけです。心の健康を保つためにも、いままで以上の成果を出していくためにも、効果的なメソッドだと思いますよ。

 

溝口 私も初めて瞑想を体験した翌朝は、とても頭が冴えているのを感じました。きっと、それぞれの仕事のさまざまな場面で、ブレイクスルーのきっかけになると思います。たとえば、本屋さんでいつも、役立ちそうなビジネス本を探している方。本を読む前に『BrainStretch』で脳の質を高めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

photo Mami_Otsuki

 

 

 

体験会のご予約、各種資料のご請求は下記よりお問合せ下さい。

MYWAYへのご相談はこちら